2021年 年頭に思うこと

2021.01.10

あけましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウィルスの感染拡大で、世界的にも世の中が大きく変わり、生き方自体も大きく変えざるをえない年となった。

今まで社会に出てから「働く」ということに何の疑問も持たず、大半のウエートを置いて生きて来た。自分なりに家族中心を心がけ、家庭を大事にしてきたつもりである。それは皆さんも同じ思いであろう。しかし物理的な時間という物差しで見てみると自分が思っていた以上に圧倒的その時間を仕事、働くことに置いてきたことに愕然となる。その分家族を蔑ろ(ないがしろ)にしてきたのだということを痛感した年であった。

「働き方改革」という言葉が叫ばれて久しいが、この新型コロナ感染禍が一挙に「働き方改革」を言葉だけではなく企業や官庁を実践しなければならない状況に追い込んでくれたと思っている。新型コロナ自体にはうんざりだが、この点については歓迎しなければならない。社会のため、自己実現のため、家族のためなど今までバラバラだった「働く」という価値観が今まで以上に大きな意味で「家族」という同じベクトルに向いたのではないだろうか。

弊社は新型コロナ感染症の感染が長引き始めた昨年夏より弊社における「働き方改革」の構築に取り組み始めた。この1月から弊社の「働き方改革」の実践を開始した。実際の業務においては、関係各社・関係者の方々にご迷惑をかけることもあるかもしれない。社内的にも多少の紆余曲折はあるだろうが、どこよりも早く未来のため今進めることにした。

結婚式の主賓で参席することが多くある。その祝辞の中でこんな話をする。「私は幸せ(しあわせ)を4つ合わさると思っている。まず住む所がある、食べられる物がある、次に働く所がある、そして家族がある。この4つが合わさって、四合わせ(幸せ)である。」と。

今思うことは最も大切なものは「家族」である。当たり前のことだが実を伴っていなかった。家族も大切にできない人間に周りの友人・知人を大切にできるわけがない。このような遭遇することが稀有な状況下、私も含めもう一度「なぜ働くのか、どう働くのか。」を自問自答してはどうだろうか。

CONTACTお問い合わせ

TEL 03-3237-9801

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)